自分は最初からぼっちだったわけではない。

でも、気付いたらぼっちレベルが半端じゃないことになっていた!

ひとりぼっち

いつの間にか一人ぼっち・・・

 

年々友達に会う回数が減っていく

今は8月というのに2014年、
友達と会ったのはたったの2回しかない。

ちなみに2013年は5回だった。
(殆ど友達に会わないと数えるのも簡単なのである)

2012年は10回くらいは友達に会っていたと思う。

年々友達と会う機会が減っていっているのである・・・

 

学生時代は普通に友達はいた

学生時代は友達は少なくはなかった。
むしろ中学までは多かったくらいだ。

元々そんなに人付き合いが苦手でもないので、
中学生まではわりとモテていたほうだ。

高校生になってからはそれほど友達が多いほうじゃなかったけど、
それでも少ないというほどでもなかったし、
目立つ存在ではなかったけど影が薄いわけでもなかった。

 

仕事が自営業になってぼっちへ

自分がぼっちになっていったきっかけは
個人で仕事をするようになったからである。
(一応自営業と言えるのかもしれない)

就職に失敗して派遣社員をしていたんだけど、
パソコンで個人でも仕事が出来ることを知り、
それからは就職せずにずっと一人で仕事をしている。

自営業で一人で仕事をしているので
基本的に普通に生活していると人に会うことはない。

元々自分から友達を遊びとか飲みに誘う人間じゃないので
友達のほうから誘われないと会うことはない。

 

断ってばかりで誘われるこも少なくなった

今は普通に生活できるくらいには収入もあり、
仕事のほうも安定してきている。

しかし最初のほうは殆ど収入がなかったこともあり常に金欠状態だった。

金もないし仕事に集中して稼がなくてはいけなかったので、
その間は殆ど友達の誘いがあっても断ることが多くなっていた。

そしたら誘われることも殆どなくなってしまったのである。

 

ぼっちでもまぁいっか・・・

家族以外の人と会うことは年に数回・・・

日々の大半はひとりぼっちで過ごしている。

時々かなり寂しくなることはあるけど

「ぼっちでも楽しいしまぁいっか」

という結論になってしまう。

新しい出会いを求めるもの難しいし、
自分から友達に連絡するのも気が引けてしまう。

ひとり

ようするにぼっちに慣れてしまったのである

開き直ったという言い方もある。

 

ぼっちになるのはあっという間

ということで私は現在はぼっちだけど生粋のぼっちではない。
(子供時代からずっとぼっちの人を生粋のぼっちとする)

でも、ぼっちになるのはあっという間だし
人間誰でもぼっちになろうとすればなれる。

よっぽど魅力的な人間でもない限り
会う機会を断ってばかりだと友達も減っていくもの。

一度ぼっちになると抜け出すのは難しいかもね・・・

まだぼっちを抜け出そうとしたことがないから
そういったことは分からないんだけど^^;

現在私のぼっちレベルは95といったところか・・・

このままではぼっちレベル100になる日も近い!!