ひとりぼっちの生活が長くなり
変わっていったことはいろいろあるけど

ファッションへのこだわりや興味

に関してはかなり薄れていきました。

知人に会うということはそれなりに気を使うことですし、
ある程度自分を良く見せたいと思うのが自然です。

ファッションだってそれなりに拘りたくなるものです。

しかし、知人に会う機会が少なくなったことにより
そういった気持ちがかなり薄くなっていきました。

見せる相手がいないんだから当然と言えば当然です。

学生時代、特に大学時代は私服で通うということもあって、
それなりにファッションには気を使っていましたし、
お気に入りのブランドで揃えたりお金もけっこうかけていました。

ところが最近は1年に1回服を買うかかわないかという感じです^^;
(下着とか靴下とかは時々買うけど)

ぼっちだけど引きこもりではないので時々外には出ます。
でも知人に見せる訳ではないから殆ど気を使うことはないし、
考えるのが面倒なのでレパートリーはかなり少ないです。

無頓着とまでは言わないけどかなり無難なファッションになってます。

社会人になってぼっちになってからかなり痩せたので、
着れる服がかなり限られてしまったというのもある。

なら新しい服を買えばいいじゃないか

とも思うんだけど服にお金をかけることに長く遠ざかっていたことで、
服にお金をかけることが億劫に感じてしまっています。

だからと言って安物を買うのもなぁ~と^^;

ゴールデンウィークに久しぶりに友達と会うから、
新しい服でも買おうか迷い中です。

服を買うならその前にギャンブル

最近、買うか買わないか迷う物があると

「ギャンブルで勝ったら買おう」

というようなクズすぎる発想に至ることが多いです(汗

つまり欲しいものがゲームだとして1万円したとしたら、
買う前に1万円を競馬なりブックメーカーなどで賭ける訳です。

そしてそのギャンブルで買ったらそのゲームを買い、
負けてしまったら「別に必要な物じゃないから」と納得する感じです。

ギャンブルをやらない人からしたら
心底「ダメ人間だな」と軽蔑すると思います。
いや、ギャンブルをやる人でも同じかな^^;

もちろん必要な物であればそんなことは決してしないし、
あくまでもお金に余裕がある時だけの発想です。

新しい服を買うか買わないかはギャンブルの勝ち負けに左右されそうです。

ぼっちを脱出するならもう少しファッションに気を使いたいところだけど、
一度ファッションへの興味が薄れると取り戻すのも大変そうです。