久しぶりに更新する気になりました。
最近もぼっちぶりは健在で、
huluが大活躍しています。

ゲーム・オブ・スローンズを
シーズン2まで見ました。
感想を吐き出したくなったので、
このブログで書いてみることにしたのです。

感想は

「なんて胸くそ悪い話なんだ」

という感じです。

なのにシーズン2まで
見てしまっているのは少し矛盾ですが

見てしまっている動機は

「胸くそ悪い奴の最期」

を期待して見てしまうのです。

本当に、出てくる奴出てくる奴が
嫌な奴で、話が進んでいくにつれて

その嫌な奴が敗れて落ちていく、
死んでいく流れなのでしょうが・・・

少なくともシーズン5まであるので
なかなかしぶとい!

結局シーズン2まで見終わっても
殆どの奴が生き残っているのです。

このドラマ、

分かりやすい「主人公」がいなくて、
けっこう嫌な奴の主観になることも多いのです。

だから、嫌な奴の王国と嫌な奴の王国が
戦になると一つの盛り上がりで面白くなるのですが

当然、主観となることが多い嫌な奴のほうが
勝ち生き残るのがドラマなわけで、
(少なくともシーズン5まであることが
分かっているので、シーズン2では
まだ死なないんだろうと推測できる)

絶体絶命の大ピンチになっても
結局起死回生で生き残り

「やっぱりそうなるよね~」

となってします。

嫌な奴とはいえ、そいつの最期を
期待して見るのもどうかと思うが

このドラマを最後まで見る人の
多くはそういう楽しみ方をしていると思う。

最後は正義が勝って悪が滅びる

という分かりやすい
展開を望みたくなる。

それくらいゲスい奴が沢山出てくるのである。

※以下より完全なネタバレあり

ただそこで問題があるのが

正義として出てくる登場人物でも
ムカつく奴が沢山いる

ってところ。

時代背景とか物語の設定的に
仕方のない部分もあるんだけど

ドラゴン女は特に見ていて腹立つ!

この女本当にイライラします(笑

最初はか弱い女だったのに、
どんどん力を得て調子に乗っていく。

だけど間違いなく主要人物であり、
正義として話が進んでいくので

「最後まで生き残るんだろうな~」

と思って見てしまう。

一回魔術師に捕らえられて

「魔術最強!」

って思うだけど、
すぐにドラゴンの炎にやられて

「魔術よわっ!」

ってなりました。

最終的に悪は敗れるんだろうけど、
正義側として出てくる登場人物にも
胸くそ悪い奴が沢山出てくる。

ここまで見たら最後まで見るだろうけど、
最後まで見ても

「胸くそ悪いドラマだった」

となる可能性もあるんだろうなぁ~

最終話まで見たらまた感想書きます。
飽きずに見ることができたらですが。

最後に一つ。

こんな見方をしている
自分も十分嫌な奴

ということは間違いない!

※この記事、文章は半年以上前に書いたのに
 更新だけしてなかったものです。
 続きもあるので後で更新します。